オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
めまい治療

突発性難聴とは耳の病気をしたことがない人が、ある日突然、片方の耳が聞こえなくなる感音性の難聴です。
40代から60代に多く発症します。
原因は不明ですが、ウイルスによる感染、内耳の血管障害、蝸牛窓の破裂などが考えられています。
突発性難聴になると耳が聞こえなくなると同時に耳鳴りやめまいや吐き気を感じることがあります。
激しいめまいを繰り返すことはありませんが、耳鳴りと難聴は症状が長く続くことがあります。
突発性難聴の治療はストレスを避けて安静にして、まず薬物療法を行います。
ステロイド薬、血管拡張剤、内耳循環改善薬、ビタミン剤、漢方薬などが使用されます。
鍼灸が行われることもあります。

また頸部の神経に局所麻酔剤を注入する星状神経節ブロックや高気圧酸素療法などが行われる場合もあります。
難聴の程度やめまいの有無のよっては入院が必要な場合があります。
突発性難聴は症状が軽いほど、治療を始めるのが早いほど治癒する確率は高くなります。
少なくとも2週間以内に適切な治療をしないと完治が難しくなります。
治癒しなかった場合は症状が進行したり、もう片方の耳も発症したりすることはほとんどありませんが、難聴と耳鳴りは残ってしまいます。
突発性難聴にかかる人は近年増えています。
現代社会におけるストレスや疲労も原因と考えられています。
イヤホンやヘッドホンの使用により発症も増えています。
耳をふさいで強い音圧を受けると、刺激によって内耳動脈が細くなり、つまりやすくなるのです。
携帯できる音響機器やスマートホンの普及で患者が増えることが予想されます。